中古車業界が今、熱い!

サスティナブルモビリティという観点で、自動車業界を見つめると、新車開発で環境負荷を下げる車を考えることも大切ですが、既に生産された膨大な車も貴重な資源であり、有効活用することも大切です。

車は、登録された瞬間に中古車となります。よって、新車だけではなく、中古車にもっと着目しても良いかと思います。

中古車と言うと、今までは新車を買う時の下取りとして、マイカーをディーラーで買い取ってもらう、という流れが一般的であったかと思います。

じゃあその中古車は一体どこに行ってしまうのでしょうか?

中古車は、一般的には中古車販売会社が業販のオークションなどを介して、中古車販売店などへ行くか、海外へ輸出され、「日本の中古車」として海外で販売される事例が多いかと思います。

ところで、ここ最近、車買取に関するテレビ CM も多く流れるようになり、一般ユーザーが直接車買取会社に車を売却する機会も増えています。

車買取専門会社へユーザが直接売却する仕組みがあるということの、認知度が上がってきていますね。

ただし、資源の再利用としての中古車の流通の拡大だけでなく、中古車を介して、車の楽しみ方の幅を広げることが出来るということを、多くのユーザに気づいてほしいです。

なぜなら、中古車であれば新車よりもはるかに高いグレードの車に乗ることが可能になるからです。

今まで諦めていたような高嶺の花であった、「高級車」=「理想の車」=「憧れの車」にも手が届くのではないでしょうか。

また様々な車種に乗りたいとお考えの方には、1年毎、2年毎の頻繁な頻度でも様々な車種に乗ることが可能になるかと思います。

車というのは、目的に応じた設計をされたものが楽しく、快適です。

ライフスタイルにあった中古車を選ぶことが大切だと思います。

新車の乗り換えでは、初期投資が大きくなり、一つの目的に特化した車とせざるを得ないかと思います。

しかし中古車であれば目的特化型で自分のライフスタイルに合った趣味性の高い車に乗ることも可能になります。

あと個人がマイカーを新車のディーラーの下取りに出す値段と、あなたが直接車買取会社に車を売却するのでは買い取り価格というのは雲泥の差となる場合があります。

つまり、車買取会社に直接高額で売却し、中古車を購入することでより少ない投資であなたの乗りたい車に乗り換えることが可能になるのです。

資源の再利用という観点から見ても、中古車業界が活性化するということは、持続可能な社会を目指すという目的に合致しています。

車買取というしくみがもっと一般的になり、資源を無駄遣いすることなく様々な車に乗れるようになれば、自動車業界の活性化、ひいては車に興味がなかった若者が、車に興味を持つというきっかけつくりにもなり、社会的に有益と思います。

お金がない若者が色々な車に乗ることで、車の楽しさを発見し、経済力がついた暁に、乗りたい新車に乗る、という流れができれば、車業界がさらに盛り上がるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする